極み菌活生サプリの栄養成分とその働き、役割

腸内には100兆個ともいわれる膨大な数の細菌が棲んでいます。極み菌活生サプリには、腸内細菌のなかの善玉菌(プロバイオティクス)を増やして腸内環境を整えるなどの働きがあるとされています。極み菌活生サプリに含まれているどのような栄養成分の働きが腸内環境を改善させるのか、重要な栄養成分とその働き、役割についてご紹介します。

極み菌活生サプリの栄養成分「乳酸菌」

乳酸菌は、発酵を行って糖から乳酸を作り出す働きをする細菌のこととされています。乳酸菌は善玉菌に分類される細菌類で、腸の粘膜を守る働きや、腸を攻撃する悪玉菌の増加を防ぎ、排除する働きがあるといわれています。

腸内には、便秘や肌荒れの原因や免疫力を低下させてさまざまな病気の原因となる悪玉菌と、その働きを抑える善玉菌がそれぞれ共生しています。悪い生活習慣などから腸内の悪玉菌が増加すると腸内はアルカリ性になり、腸内環境が悪化するといわれています。そして腸内の悪玉菌が作り出す毒素や老廃物が増加して、身体中にさまざまな症状が現れる場合があるでしょう。乳酸菌には乳酸を作り出して腸内を酸性にし、悪玉菌の増加を抑える働きが期待できます。

・ダイエット
乳酸菌は腸内の酸性を強くし、アルカリ性を好む悪玉菌を減らすことができるといわれています。悪玉菌が減少すると、肥満の原因にもなる便秘の解消につながるでしょう。乳酸菌により腸内環境が改善すると、腸の働きが活発になり、基礎代謝の向上や脂肪を減少させるとされています。内臓脂肪や皮下脂肪を減少させることで、ダイエットにも役立つでしょう。

・免疫力を高める
乳酸菌には、免疫細胞を活性化させる働きも期待できます。免疫細胞の多くは腸に存在しているといわれています。腸内環境が悪化していると、悪玉菌が硫化水素やアンモニアなどの毒素を作り、腸の活動を妨げる場合もあるでしょう。乳酸菌が腸内環境を整えると、腸機能や免疫細胞を活性化させて風邪やインフルエンザにかかりにくい体質に改善することが期待できます。

・花粉症・アレルギー予防
乳酸菌には腸内の免疫バランスを整える働きもあるとされています。腸内環境の改善により腸管の免疫を高めるとともに、異物に過剰反応して花粉症などの原因になる「IgE抗体」の量を調整する働きもあると考えられています。乳酸菌の働きにより、花粉症やアレルギーの予防・改善も期待できるでしょう。

極み菌活生サプリの栄養成分「ビフィズス菌」

ビフィズス菌は乳酸菌の一種ともいわれ、腸内フローラの中にも多く存在するといわれています。ビフィズス菌には、腸内で乳酸だけでなく酢酸を作り出す働きも期待できます。酢酸は乳酸よりも悪玉菌を抑える作用が強いため、悪玉菌の一種でもある大腸菌などによる腸の炎症を防ぐ働きが強いとされています。

・美肌
ビフィズス菌が腸内の悪玉菌を減少させると、美肌作用が期待できます。腸内環境が悪化して悪玉菌が増加すると、腸内で腐敗物や老廃物が多く作り出されるといわれています。発生したこれらの毒素は身体中に広がり、肌荒れなどの原因になると考えられているため、ビフィズス菌は悪玉菌を減少させる働きから肌荒れの改善に役立つといえるでしょう。また、ビフィズス菌には肌の保湿力アップや、幸せホルモンといわれるセロトニンの分泌を増加させる働きもあり、肌トラブルの原因になるストレスの軽減も期待できると考えられています。

・便秘の改善
ビフィズス菌には、腸内環境を改善して腸の活動を活発にさせる働きがあるとされています。ビフィズス菌により腸が活性化されると、さまざまな体調不良の原因にもなる便秘の改善が期待できるでしょう。

極み菌活生サプリの栄養成分「酪酸菌」

酪酸菌は、腸のなかで乳酸菌や酪酸を作り出して腸の酸性度を高める菌といわれています。さらに大腸の上皮細胞は、この酪酸と酸素から上皮細胞に必要なエネルギーを作るとされています。サルモネラ菌やカンピロバクター菌などの有害な菌類は酸素を好むことが多く、上皮細胞がエネルギーを作って酸素が減少した大腸内では増殖しにくくなるでしょう。さまざまな悪玉菌の増加を抑えて上皮細胞にエネルギーを与えることにより、大腸のバリア機能を高めて、免疫力のアップや腸内環境を整えるなどの重要な役割が期待できます。

・大腸がんの抑制
酪酸菌には腸内環境を整える働きが期待できます。また腸内細菌の研究では、腸内に酪酸菌が多く発見された人のグループは、酪酸菌が少ない人のグループよりも大腸がんの羅漢率が低いという結果が出ています。そのため、酪酸菌には悪玉菌を抑える働きや大腸がんを抑制する働きがあるといえるでしょう。

・糖尿病や肥満の予防・改善
酪酸菌が大腸の上皮細胞を強化して腸機能を活発にさせることで、便秘の解消や代謝の向上に役立つと考えられています。肥満や糖尿病の方の腸内には酪酸菌が少ないとの研究結果も発表されているため、酪酸菌を摂取することで肥満の予防・改善などにつながるといえるでしょう。

極み菌活生サプリの栄養成分「オリゴ糖」

腸内環境を整えるためには、腸内の善玉菌を増やす働きのある成分を摂取することも大切といえます。オリゴ糖は消化吸収されずに大腸まで届く糖なので、善玉菌の栄養に適しているといわれています。オリゴ糖を摂取することで、善玉菌を増やすことが期待できるでしょう。

・ビフィズス菌の増加
オリゴ糖は他の糖類のように消化吸収されず大腸まで届くという特徴があるため、腸内のビフィズス菌のえさになるといわれています。オリゴ糖を摂取すると、腸内フローラを形成しているビフィズス菌の栄養になり、便秘の改善や美肌につながるとされているビフィズス菌の増加に役立つでしょう。

・摂取しすぎには注意が必要
オリゴ糖は消化吸収されにくいため、急に大量摂取するとお腹が張る原因になる場合があるといわれています。オリゴ糖の摂取は腸内環境を整えるために必要といえますが、何種類ものサプリを利用して摂取する場合には、一度に摂取する量に注意する必要があるでしょう。

極み菌活生サプリの栄養成分「キトサン」

カニやエビの殻などは主にキチンという物質できているといわれ、キトサンはそのキチンを熱などで処理した物質に含まれるとされています。キトサンは消化吸収されにくく、植物性の食物繊維のような特徴を持つといわれています。

・抗菌作用
キトサンには抗菌作用があるといわれています。食中毒の原因となる黄色ブドウ球菌、大腸菌、MRSAなど、さまざまな細菌類の増殖を抑えて腸内環境を整え、病気や体調不良を防ぐことが期待できるでしょう。

・脂肪の吸収を抑える
キトサンには、脂肪やコレステロールの吸収を妨げる働きがあるとされています。特定保健用食品の「コレステロールの体内への吸収をしにくくする食品」としても認可されている栄養成分のため、脂肪の吸収を抑えて血中コレステロールを下げたい方やダイエットを成功させたい方におすすめといえます。

極み菌活生サプリの栄養成分「竹炭」

極み菌活生サプリに含まれている竹炭は、竹炭を食用に加工して粉末にした成分です。竹炭のさらさらの微粒子が高い吸着作用を持っているため、上手く排泄されずに腸に残っている老廃物までしっかりと吸着して体外へと排出する働きが期待できます。竹炭によるデトックス作用で腸内の老廃物が減少すると、腸内環境の改善や便秘の解消につながるでしょう。腸内環境の改善により、悪玉菌が減少してやせやすい体質への変化も期待できます。